鶏一途の鶏肉は・・・

鶏一途で使用している鶏肉は、すべて滋賀県産の地鶏です。

毎日養鶏場直送の鮮度抜群で、トレサビリティのはっきりした安心できる地鶏です。

私たちも実際に、朝から養鶏場に行き、鶏が絞められて、

捌かれて、肉として分けられて行く様子を見学し、

鮮度管理や衛生管理についてもしっかり見させて頂いています。

お客様に納得して頂ける!!それはそれは美味しい地鶏です。

何しろ、雌は雌らしく、雄は雄らしくなるように、

育て方やえさを工夫して育てられた鶏なので、

雌と雄それぞれの美味しさが存分に味わえます。

ですから、もちろん、焼鳥を注文する際には

雌・雄を選択して頂くことが出来ます。

ブロイラーでは早くて40日くらいの飼育で、鶏肉になってしまうわけですが、

その3倍の120日飼育の地鶏ですので、

(ちょっと生々しいのですが) 

人間の女性で言うと、ちょうど、子供を1人授かったくらいの時期にあたります。

つまり、一番雌が雌らしい時期にあたるわけです。

もちろん、雄も一番押すらしい時期になるわけですね。

スーパーの店頭などで見かける鶏肉は、

雌雄のらしさが出る前のまだまだ若い時期のものなので、

雌・雄の違いを味わうことは難しいのです。

雌は、雄と比較して、よく脂が乗っており、お肉も柔らか・繊細です。

雄は、雌と比較すると筋肉がしっかりついており、締まっていて、

噛めば噛むほどに味わいのあるお肉です。

どちらもそれぞれに旨いので、是非食べ比べをして頂いて、

ご自分の好みを見つけて頂いたらよいかと思います。

 

また、むね肉の旨さもこの地鶏のすばらしい特徴ではないかと思います。

むね肉と言えば、どちらかというとパサつくイメージがあるのではないでしょうか?

一口食べて、本当に驚きます。すごくしっとりしていて、

ぎゅっと水分と旨みが凝縮している感じを味わって頂けると思います。

串焼では、もちろん雌・雄の食べ比べをして頂けます。

生のメニューでも、きめ細かいそれでいてしっかりと弾力性のあるお肉を

お召上がり頂けます。噛むほどに口の中に甘みが広がり、

脂の乗りもしつこくないので、どなたにでもおすすめできる部位です。