焼鳥の食べ方!!

「焼鳥の食べ方」なんて書き方をすると

頑固一徹おやじの焼鳥屋と思われそうですが、

そんなつもりは全くありませんので、ご安心ください。

せっかく同じ価格で同じ品質のものを食べて頂くなら

より価値のある美味しい食べ方で食べてもらいたいなぁ・・・と思うので、

より満足して頂きたい!!それだけです。

というか、めっちゃ平凡なことですよ。

焼鳥の食べ方と言うほどのことではありません。

 

その1:焼きたてをすぐ食べる

        と言っても、やけどにはくれぐれもご注意ください。

        楽しくおしゃべりは大いに結構ですが、正直申しまして

        冷め切るまで放置した揚げ句、肉汁がすべて逃げ出してから

        召し上がって「美味しくない・・・」と思われたらとっても悲しいです。

        焼きたて最高!!よってお持ち帰りはやってません。ごめんなさい。

その2:串から抜かない

        串から肉片抜いたそばから肉汁がじゅわゎゎゎ〜と逃げていきます。

        非常にもったいないです。串から抜いて、ひとかけらずつお箸で食べると

        大変にお上品かもしれないですが、少しでも美味しく食べるなら、

        串から抜いて肉汁を逃がすより口の中に肉汁を・・・。

その3:調味料は最小限に

        一口も口をつけないまま、いきなり一味や山椒をかけるのは止めましょう。

        お肉の味をまずはしっかり味わって頂きたいと思っておりますし、

        京一味・京山椒をご用意してますので、しっかり辛いです。

        (風味が飛ばぬよう最小限しか補充しないように気をつけてます)

        つける時には少しずつのほうがつけすぎてがっかり・・・を防げます。

 

ねぇ。めっちゃ平凡すぎてすみません。

お客様が美味しいと思う食べ方で食べて頂くのが一番なのに、

余計なおせっかいでしたらスミマセン。

けど、素材(鶏)がすばらしいので、そのすばらしさを皆様に

ぜひお届けしたいと切に願っています。

美味しいものをより美味しく召し上がってくださいね。