やっている人は

お店は店主とその妻二人で運営しています。

 

15席という普段は狭く感じる店なのですが、

一度に来客があると、それはもう戦場??とまではいかなくても

割と必死にやらざる終えないところがあって、

自分でも段取り悪いんかなぁ・・・と悩むことが多いです。

けど、店をオープンするときの必須条件として、

だれか雇わないで、二人でがんばるexclamation×2と決めたので、

バタバタすることもあるけれど、なんとかかんとかやっています。

本当はもっとゆとりを持って、優雅に接客できたらなぁ〜と

いつも理想はあるのですが、難しいものです。

きめ細かく気配りしたいのですが、できてなくてごめんなさい。

 

この文章を書いてるのは“妻”ですが、

わたし、旦那さんに「遠藤さん」って呼ばれてるから、

みんな 「exclamation&question」 ってなるようです。

店主は中川さんだからねぇ。

 

お客様も遠藤さんって呼ぶ方もいるし、ブログのゆ吉さんって呼ぶ人もいるし、

まぁ好き勝手に呼んでいただいていますしね。

これからも、お好きにお願いします。 

 

こう見えても結婚してからもう8年くらいですが、いまだに旧姓で呼ばれているので。

まぁ夫婦もイロイロですよ(笑)

それが普通なので私たちは全く違和感なしなのですが、

周りから見ると不思議みたいです。

 

夫婦でお店をやっているとほぼ24時間一緒にいるわけです。

だから、仕事仲間であり、友達であり、夫婦であり、

色んな役割をお互いに一手に引き受けることになります。

だから、お店のときは全く夫婦という感覚はなくて、

別姓のほうが感覚的に合っているのかもしれません。

 

ちなみにまったくケンカはしません。

仕事のことで真剣に議論になることはよくあるけれど、

お互い納得するまで話し合うから、長引くこともないし、

わりと円満にやってこれたと思います。

まぁこれも忍耐強い旦那のおかげと感謝していますが(笑)

 

二人ともまだまだ未熟なので、

二人足してちょうど1人前(それにも満たないかも・・・たらーっ(汗)

二人しかいてないので、協力しないとお店は成り立たないです。

ケンカしたら終わり(笑)

だから、足りないところをカバーしあってなんとかかんとかやっています。

カバーしきれてなかったらごめんなさい。

 

これからも二人 ない力を合わせて どうにかこうにか

がんばっていきたいと思っています。