鶏の入荷について

鶏は養鶏所から直送で送ってもらっています。

養鶏所で、一度捌いて、品質チェックされて、

合格したものが送られてきます。

日によって捌く羽数はまちまちでしょうが、大体80羽くらいとか。

それが飲食店や個人に分配されます。

お店によって発注量に多少あるでしょうし、日々の発注の量も変動があることと思います。

  

捌く羽数が限られていますので、注文が重なれば、

注文した分が入荷しないこともなんら珍しいことではありません。

   

たくさん注文もらったのに、断らなきゃいけない苦渋の選択をするのは、

鶏を卸す側からしても心苦しいことだと思うんですよ。

にも関わらず、飼う羽数を増やして品質が落ちるかもしれないことを考えると

入荷量が限られていても高品質を維持していただけるのは、

仕入れる側からするとどれだけ有難いことかと思います。 

  

お客様のことを考えると、出来るだけ売り切れが出ないようにとも願っていますが、

お世話になっている養鶏所に無理なお願いをして迷惑はかけられませんので、

実際、オーダーが集中した場合やお客様が多い日、

遅い時間は何かかにか売り切れが出る可能性が高いです。

 

店に来るお客様からしたら、「売り切れ」の意味を深層から理解するのは

ちょっと難しいかもしれません。

 

特に刺身は、前もってのお取り置きをお伺いしているにもかかわらず、

予約が遅いと「入荷するか当日まで分からないんです。

入荷量が少なかったら、取り置き聞いてても、ない場合があります」って

一生懸命説明するんですが、その後相手の怪訝な声色に変わったように

感じることがあるんですよね。

「前もって取り置きお願いしてるんだから、その分注文したらおしまいやん。

なんで、無理とか言うねん。この石頭〜!!」って思われてるんじゃないか(笑)

それは、被害妄想かもしれませんけど。

 

前もってお願いしようがしまいが、たくさん発注しようがしまいが、

入荷量は、その時の鶏の状態と他に仕入れてるお店の発注量の

バランスで分配されるんだから、わたしにはどうしようもないんだから、

分かってぇぇぇ理解してぇぇ・・・と思いますが、

分かってくださいますか??

  

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

そして、遅い時間に来られる予約の方には説明していますが、

刺身以外でも、売り切れが出ることがありますので、ご了承ください。

せっかく前々にご予約いただいても、遅い時間だと売り切れが出ることがあります。

どうしてもその事態を避けたければ、開店時間に近いほど有利かと・・・。

ただし、席数が限られているし、二人で手の回る範囲でなので、

何もかもなくなるということは、ありませんけど。

売り切れが多いと言っても、美味しいものがなくなっていて、

イマイチのものが残るっているってわけではないじゃないですから。

入荷量が少なかったものがなくなるだけで。

希少性が高い=美味しいという思い込みが生じやすいし、

なんか珍しいもの食べたら美味しいもの食べたって思うマジック?

残ってたものでは有り難さが薄れるというなら残念な話です。

が、何度となく来てたら、この鶏はどの部位もそれぞれの美味しさがあるって

分かってきて、あるもので満足になるかもしれないけど、

特に初めて来店の場合は、売り切れの少ない早い時間に

来ていただいた方が満足度が高いのかもしれません。

同じものを選んだとしても、たくさんある中から選んだほうが、

満足度高いってのはきっと人間心理として本当だろうから。

  

この鶏を使わせてもらえるだけでも有難い。

わたしたちは、そう思っています。

だから入荷量が多少変動しようとも、それは仕方がないことで、

大体この鶏を卸してもらってるだけ奇跡だと思っています。

飼っている羽数も限られているし、捌く羽数も限りがあるものですから。

工業製品じゃないんだからね。飼育してるって言っても生き物なんだから。

 

そしてそれを理解して来てくださるお客様にも感謝しています。

わたしたちも素材として最高のものを商品としてbestに出来るように

努力していきますので、これからもよろしくお願いいたします。