「鶏一途」店名に垣間見える気合

 「鶏一途」という店名を聞いて、

皆様はどんな想像をされるでしょうか? 

「名は体を表わす」 ←その通り!!

私たちの思い入れが伝わるとてもいい店名がつけれたなぁ〜

と(自画自賛でスミマセン)とても気に入っています。

 

近年、特に冬になると「鶏インフルエンザ」のことが話題になり、

店名に「鶏」を入れると、いざと言う時に柔軟な対応が難しくなるのでは・・・

等の危機管理対策面での指摘もあったのですが、

 

でも、私たちが出会った感動した鶏肉に対する思い入れが勝ちました。 

 

どんなお店にするか?

お店を創る人間の姿勢って色々なところに現れると思います。

当然、店の名前にも。  

 

鶏で勝負する店であるということがしっかりと伝わっているでしょうか?

それと同時に、そこには私たちの仕事に対する想いを込めています。

 

店造りのページ「店を造るにあたって」という記事の

「定礎」の写真をご覧ください。

技極メ信念一途ニシテ桜花絢爛ノ如ク咲クナリ


 

これは、私たちが考えた文言ではありませんが、

まさに私たちの姿勢を表わした言葉だと思って心に刻んでいます。

お店のOPENは「出来た〜!!」と喜ぶゴールではなく、

「ここから本当の店を創っていくぞ!!」というスタートだと思っています。

一日一日を大切にして、想い一途に自分を磨き、

店も自分も常に成長し続ける!!

という気合?!が伝われば嬉しいです。

店名にそう宣言してるわけですから、

名に恥じないようにがんばろうといつも思っています。